医療法人設立運営に困らないように支援するサイト

Q.医療法人において、社員総会と理事会は各々いかなる機関なのでしょうか?

A.医療法人において、「社員総会」は医療法人を構成する社員によって組織され、法人の意思決定をする機関です。「理事会」は役員である理事によって組織され、社員総会で決定された事項を執行する機関です。

1.社員総会
 社員総会は、法人の最高意思決定機関ということができ、株式会社の株主総会と同様の役割と権限を持っています。社員総会で社員が拠出額にかかわらず1個の議決権を有している点が、株式会社とは異なります。
法人運営の重要事項は、必ず社員総会の議決が必要となります。議決が必要な事項は、定款の定めによりますが、例えば、会計年度が4月1日から3月31日までで、定時総会が3月と5月に開催される場合、次のものが挙げられます。
(1)3月に開催される社員総会(定時総会)
・翌年度における事業計画の決定
・翌年度における予算の決定
・翌年度における借入金限度額の決定
(2)5月に開催される社員総会(定時総会)
・役員の改選(任期満了の年のみ)
・前年度における決算の決定
・剰余(損失)金の処理
(3)その都度開催される社員総会(臨時総会)
・役員の改選(理事・監事に欠員が生じた場合及び増員)
・社員の入社及び除名の決定
・基本財産の設定及び処分(担保提供を含みます)
・拠出申込みの承認
・定款の変更
・事業計画及び予算の変更
社員総会は、定款に別段の定めがある場合以外は、総社員の過半数の出席があればその議事を開いて議決することが可能です。議事は出席した社員の議決権の過半数で決することになります(可否同数の場合は、議長の決するものとなります)。
ただし、医療法人解散の議決に関しては、定款に別段の定めがある場合以外は、総社員の4分の3以上の同意が必要です。
 なお、社員総会の議決事項につき特別の利害関係を持つ人は、その事項につき議決権を行使することが不可能です。

2.理事会
 理事によって組織される理事会は、通常業務の意思決定と執行を行います。そして、理事会が、理事のうちから1人を理事長に選びます。医師又は歯科医師のうちから理事長を選ぶのが原則です。理事会が選んだ理事長は、医療法人を代表し、そのあらゆる業務を総括することになります。

ここがポイント!