設立人箇所提出時に必要となる書類は?

A.医療法人の設立の時、都道府県の仮受付を受けることになります。この時、医療法人設立認可申請書に必要な書類は多数あります。

定款
設立当初財産目録・財産目録明細書
リース物件一覧表
債務リース契約書のコピー
債務リース引継承認書
基金拠出契約書
預金残高証明書
社員及び役員名簿
開設予定の診療所の概要
診療所の平面図等
不動産等を賃貸借する場合の賃貸借契約書のコピー
土地建物登記簿事項証明書
設立者の履歴書
印鑑登録証明書
委任状
役員就任承諾書
実績表
確定申告書
理事長の医師免許証のコピー
管理者就任承諾書
保健所の開設届(個人)のコピー

仮受付の時点では1部の提出が必要ですが、本申請時は都道府県保存用1部、認可書交付用1部と、合計2部必要です。
提出に必要な書類は医療法人の規模や設立内容に応じて変わります。事業計画書、予算書、委任状については個人での開設実績が2年以上有り、かつ、一定の要件を満たせば添付不要です。
都道府県によっては理事長の基金拠出の際に特別代理人が必要な場合もあります。管轄の医療整備課で確認することが必要です。